過去開催イベント&ギャラリー

ギャラリー
カロチャ刺繍.jpg
sakuhin.jpg
ハンガリー べレグの刺しゅう
sakuhin2.jpg

 

ハンガリーの北東部に位置するサボルチ・サトマール・ベレグ県(Szabolcs-Szatmár-Bereg megye)。地図に目を向ければ、北にウクライナ、東にルーマニア、北西にわずかに接するスロバキアが。

 

この地域でよく使われる技法はクロスステッチ。端飾りにドロンワークを施すと趣向を凝らしたものになります。伝統的な色使いは赤と黒、青と黒といった2色が多く、時代が新しくなるにつれ青系の濃淡、更にカラフルなものもみられます。

 

べレグの刺繍を知るには小さな村Tákos(ターコシュ)の教会にヒントがあるようです。

http://www.takos.hu/index.php/tourizmus/a-mezitlabas-notre-dame

 

ハプスブルク家出身の女帝マリア・テレジアによる宗教改革では、教会を建築する際に石やレンガの使用を禁じました。代わりに木材と編んだ木組みに泥を塗りつける土壁の工法 Patics (パテチャ)が用いられ、人々は泥を作るため裸足(mezítláb)で作業に従事しました。完成した教会は、板を重ねた屋根を持ち、手を伸ばすと届くような低い天井でした。村に現存する教会の名はmezítlábas Notre Dame”(裸足のノートルダム)。ノートルダムという言葉、フランスにあるノートルダム聖堂がよく知られていますね。フランス語では「われらの貴婦人」という意味で、聖母マリアを示す言葉なのだそう。カトリックの聖堂や学校名によく使われます。

 

教会内部の装飾には※トランシルヴァニアの職人たちが起用されました。その中でも卓越した技術を持っていたのはLándor Ferenc。

彼は教会内の椅子や説教台を作り、天井にはめ込んだ木枠の中に聖書に基づくシンボルをたくさん描きました。

 

花、鳥、果物など、たくさんの天井画はやがて刺繍のモチーフに。

教会を飾るザクロの連続模様。

種をたくさん持つ様から、豊饒や子供が授かるよう祈る女性たちの願いが込められています。

 

べレグの刺繍の”故郷‟は”トランシルヴァニア”に…。

刺繍を知る旅は新しい発見に溢れています。

 

 

※…(現在はルーマニア。かつてはハンガリー領の時代がありました。) 

 

参考

 

 

 

sakuhim4.jpg
1