インフォメーション

2019-12-27 13:34:00

いつもお引き立ていただき、誠にありがとうございます。



毎年1月に発行される下記医書つきまして、現在ご予約を承っております。

日常診療・薬局業務に必携の書籍ですので、準備をお忘れなく!

※店着は1月中旬の予定です。入荷次第順次配達となります。

 

 

・今日の治療指針 2020年版(医学書院) 

デスク判 本体19,000円+税 

ポケット判 本体15,000円+税

今日の治療指針2020.jpg

 

 

 

 

治療薬マニュアル 2020年版(医学書院)

本体5,000円+税

治療薬マニュアル2020.jpg

 

 

 

今日の治療薬‐解説と便覧‐ 2020(南江堂)

本体4,600円+税

今年はラベンダーカラー!

新たに「免疫疾患治療薬」の章を設けました。

オリジナルの薬理作用図つきで、理解がさらに深まります。

 

今日の治療2020.jpg

 

 

 

治療薬ハンドブック 2020(じほう)

本体4,400円+税

医師・薬剤師・看護師 注目の1冊!

購入者限定アプリ付き(オフライン利用可能)

 

治療薬ハンドブック2020.jpg

 

 

 

 ポケット医薬品集 2020年版(南山堂)

本体4,700+税

独自の編集スタイルを30年貫き続ける定番の医薬品集!

 

ポケット医薬品集2020.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-12-27 10:40:00

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では、誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 
 
■年内最終営業日 
2019年12月30日(月)
  
■休業期間 
2019年12月31日(火)より 2020年1月3日(金)まで 
※1月4日(土)より通常営業いたします。 
 

2019-10-11 16:41:00

92588816-88A2-4412-AD92-75D86D9ACBDF.jpeg

 

 7B3D16AB-7A91-4A9B-A9B1-A27DD2A8C339.jpeg

 

 

 

今秋もCsipkerózsa Galériさんの協力を得て、民族衣装の展示と刺繍イベントを開催する運びとなりました。

長年ハンガリーや周辺国を旅して集めたという貴重なコレクション。

今回はハンガリー各地はもちろん、ルーマニアやスロバキアに住むハンガリー系住民らが作ったという、とっておきの民族衣装をセレクトしました。

会期中のギャラリートークは気軽にお声がけ下さい。驚きの手業と継承への願いを旅のエピソードと共にお伝えします。

展示に伴い行われる刺繍イベントは「東欧の刺繍を楽しむ会」で繋がったメンバーによるワークショップ、作品展示、雑貨販売など、参加しても楽しめる内容をご用意いたしました。刺繍サロンも開催しますので、手芸好きな方、新しい趣味を始めたい方など一緒に過ごしましょう!

新しい発見と出会いがあるよう、皆様のご来場をお待ちしております!

企画・主催 東欧の刺繍を楽しむ会 松井真佐子

 

2019-07-17 10:21:00

 

子ども虐待学会1.jpg

 

子ども虐待学会2.jpg

 

小児科医の研究会から発足したという「日本子ども虐待医学会」

学術集会は今年で11回目。

北海道では初めての開催となります。

 

福祉、医療、保健、心理、教育、法律、司法など、多くの領域に関わる「虐待」問題は「連携」が不可欠。

2日目の7月28日には市民講座も行われます。

関心がある方は是非ご参加ください。

 

昭和書房も関連書籍を取り揃えて出展いたします。

 

学術集会プログラムについてはこちら↓↓↓をご確認ください 

日本子ども虐待医学会学術集会 in HAKODATE

 

2019-07-01 18:37:00

8085E695-20C8-47AC-9AE0-6F0773A6C90D.jpeg

 

2019年6月29日、北海道立函館美術館でミュシャ展-運命の女たち-が開幕しました!

 

昨秋に自主開催した「糸めぐり-私が出合った刺しゅう-」に学芸員さんが来会して下さり、

会期中に「ギャラリー・ツアー&チェコの刺しゅうワークショップ」を実施することになりました!

 

日時  2019年7月27日(土)13〜16時(予定)

定員  20名 *事前申込制

料金  一般2,260円、大学生1,660円、高校生1,550円、中学生1,350円、

(材料実費、函館美術館常・特同時団体観覧料、ワークショップ保険)

 

8ECFC252-BC7B-469A-8222-494D3A15A10D.jpeg

 

ギャラリー・ツアーは、ミュシャが描いた絵画中の衣装(おもにスラブの民族衣装)やモチーフなどにも注目し、学芸員の解説の元、鑑賞いたします。

続くワークショップはミュシャの出身地チェコに伝わる刺しゅうの体験。

札幌市簾舞の「しまくま堂」さんがおススメしてくださったチェコのガラスボタン(ビンテージものです!)も付いた可愛いウォールポケットを作ります。

製作の前には、日頃からお世話になっているコレクターさんの協力を得て、チェコスロヴァキア時代の貴重な民族衣装もご覧になれます。

 

お申し込みは北海道立函館美術館まで直接ご連絡ください。(お電話  0138-56-6311) 

その他の申し込み方法については、北海道立函館美術館ホームページ上にあるハコビ・マジカル・ワークショップをご覧ください。

 

 北海道新聞社によるミュシャ展の特設サイトはコチラ↓

http://event.hokkaido-np.co.jp/mucha/index.html

 

 

1 2 3