インフォメーション

2019-07-17 10:21:00

 

子ども虐待学会1.jpg

 

子ども虐待学会2.jpg

 

小児科医の研究会から発足したという「日本子ども虐待医学会」

学術集会は今年で11回目。

北海道では初めての開催となります。

 

福祉、医療、保健、心理、教育、法律、司法など、多くの領域に関わる「虐待」問題は「連携」が不可欠。

2日目の7月28日には市民講座も行われます。

関心がある方は是非ご参加ください。

 

昭和書房も関連書籍を取り揃えて出展いたします。

 

学術集会プログラムについてはこちら↓↓↓をご確認ください 

日本子ども虐待医学会学術集会 in HAKODATE

 

2019-07-01 18:37:00

8085E695-20C8-47AC-9AE0-6F0773A6C90D.jpeg

 

2019年6月29日、北海道立函館美術館でミュシャ展-運命の女たち-が開幕しました!

 

昨秋に自主開催した「糸めぐり-私が出合った刺しゅう-」に学芸員さんが来会して下さり、

会期中に「ギャラリー・ツアー&チェコの刺しゅうワークショップ」を実施することになりました!

 

日時  2019年7月27日(土)13〜16時(予定)

定員  20名 *事前申込制

料金  一般2,260円、大学生1,660円、高校生1,550円、中学生1,350円、

(材料実費、函館美術館常・特同時団体観覧料、ワークショップ保険)

 

8ECFC252-BC7B-469A-8222-494D3A15A10D.jpeg

 

ギャラリー・ツアーは、ミュシャが描いた絵画中の衣装(おもにスラブの民族衣装)やモチーフなどにも注目し、学芸員の解説の元、鑑賞いたします。

続くワークショップはミュシャの出身地チェコに伝わる刺しゅうの体験。

札幌市簾舞の「しまくま堂」さんがおススメしてくださったチェコのガラスボタン(ビンテージものです!)も付いた可愛いウォールポケットを作ります。

製作の前には、日頃からお世話になっているコレクターさんの協力を得て、チェコスロヴァキア時代の貴重な民族衣装もご覧になれます。

 

お申し込みは北海道立函館美術館まで直接ご連絡ください。(お電話  0138-56-6311) 

その他の申し込み方法については、北海道立函館美術館ホームページ上にあるハコビ・マジカル・ワークショップをご覧ください。

 

 北海道新聞社によるミュシャ展の特設サイトはコチラ↓

http://event.hokkaido-np.co.jp/mucha/index.html

 

 

2019-05-29 15:33:00

2019年6月6日(木)・7日(金)の2日間、函館アリーナを会場に日本看護協会の2019(令和元)年度通常総会・全国職能交流集会が開催されます。

北海道・東北地区での総会は初開催!

全国各地から約3,000人の看護職が参集し、地域包括ケアをテーマにした講演やシンポジウムも行われます。

(通常総会への参加は会員の方のみ/全国職能交流集会は、非会員の方も参加可能)

 

日本看護協会ホームページ 

2018年の総会報告↓

https://www.nurse.or.jp/home/opinion/news/2018/06_01.html

 

総会開催に伴い、サブアリーナ2階において書籍展示販売も行います。

看護関連書籍を多数お持ちしますので、この機会に是非ご利用ください。

 

2019-03-24 15:54:00

函館・道南の医療情報誌「メディカルはこだて」に当店広告が掲載されました。

 

市内、近郊で働く医師、医療介護関連スタッフはもちろん、医療系を志望する学生さんにも利用していただきたく、毎日営業しております。

お探しの本などがありましたら、是非当店までご連絡下さい。

 

 3C8A590F-09E4-4DDD-829D-CCECFF30B2DE.jpeg

 

2019-02-11 18:09:00

「昭和書房」は、日本医書出版協会(JMPA)の認定店制度の基準を満たした書店です。

ここでいう基準とは、医学書の売上、品揃え、販売スタッフの経験値、地域性などをあらわしています。

認定店は、大学医学部・附属病院がある主要都市に多く存在しますが、医学部がないここ函館において、医師や医療スタッフをはじめ、地域の医療機関及び施設関係者のニーズに応え、必要な情報をお届けすることが当店に与えられた責務と役割であると信じ、営業活動を続けております。

 

“電子書籍元年”とマスコミに大きく取り上げられたのは2010年。インターネットの発展に伴い情報の入手方法は多様になり、最新情報を必要とする医書の電子化はよりニーズが高い分野です。命や健康に関わる情報に求められるのは正確性と信頼度。先代が医院・病院を訪問し医学書販売に専念してきた経験を財産に、これからも皆様のお役に立てるよう努力を重ねて参ります。

 

認定証画像.jpg

1 2 3 4